Laravel4 に Laravel IDE Helper をインストールする

Laravel4 に IDE 用の補完サポート用のソースコードを生成するためのパッケージ Laravel IDE Helper をインストールするときにちょっと手間取ったので手順をまとめておきます。
手順自体は、Github で Laravel IDE Helper のページにアクセスして readme.mb を見ていただければ基本問題ないはずです。
https://github.com/barryvdh/laravel-ide-helper

まずはじめに、Laravel IDE Helper をインストールします。

1
% composer require "barryvdh/laravel-ide-helper:1.*"

インストールが完了したら、次はアプリケーションの設定ファイルに Laravel IDE Helper を追加します。設定ファイルの app.php の providers の配列の中に、’Barryvdh\LaravelIdeHelper\IdeHelperServiceProvider’ を追加します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
% vi app/config/app.php
/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Autoloaded Service Providers
|--------------------------------------------------------------------------
|
| The service providers listed here will be automatically loaded on the
| request to your application. Feel free to add your own services to
| this array to grant expanded functionality to your applications.
|
*/
'providers' => array(
'Illuminate\Foundation\Providers\ArtisanServiceProvider',
'Illuminate\Auth\AuthServiceProvider',
'Illuminate\Cache\CacheServiceProvider',
'Illuminate\Foundation\Providers\CommandCreatorServiceProvider',

1
'Barryvdh\LaravelIdeHelper\IdeHelperServiceProvider',

追加が終わったら、artisan コマンドを実行して、IDE保管用のファイルを生成します。

1
% php artisan ide-helper:generate

Laravel のインストールディレクトリに _ide_helper.php が生成されていれば成功です。

1
2
3
% ls [Laravel のインストールディレクトリ]
CONTRIBUTING.md app bootstrap composer.lock public server.php
_ide_helper.php artisan composer.json phpunit.xml readme.md vendor

あとは、パッケージを変更した場合に自動で、ヘルパーが生成されるように composer.json の、pre-update-cmd の配列の中に php artisan ide-helper:generate を追加します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
% vi composer.json
"scripts": {
"post-install-cmd": [
"php artisan optimize"
],
"pre-update-cmd": [
"php artisan clear-compiled"
],
"post-update-cmd": [

1
2
3
    "php artisan ide-helper:generate",
"php artisan optimize"
],

以上で、Laravel IDE Helper の設定は完了です。