VirtualBoxを利用したAndroidアプリの開発

Androidのエミュレータが重いので、いろいろと嫌になってきました。
Virtual Boxの仮想Android環境での開発に切り替えるための手順メモです。

1.Virtual Box をインストール

Oracle Virtual Box

2.Android VM をダウンロード

Android VM

3.Virtual Box にインポート

「ファイル」-「仮想アプライアンスのインポート」


アプライアンスを開くでダウンロードしてきた ova ファイルを読み込む
インポートが完了したら、ディスプレイのメモリを64MBぐらいに増やしておく

4.Android VM Player をダウンロード

5.Android VM Player を起動

Android VM Player を経由して Virtual Box の Android を起動することで
解像度の指定が簡単にできるようになる
「Run」をクリックすると指定したAndroidのエミュレータを起動することができる


‘指定できる解像度の種類’

6.デバッグ用に adb で接続する

Android VM Player経由で起動した仮想Android環境


タイトルバーのところに記載されているIPアドレスを確認して
adb コマンドで接続します。
adb connect
例)
adb connect 192.168.1.1
接続を解除する場合
adb disconnect
これでとりあえずは、重たいエミュレータ環境での開発から解放されます。